HOME>>トピックス

生活習慣病を知ろう!(糖尿病編)


糖尿病の恐いところは、自律神経障害の症状・失明・腎臓機能の低下により人工透析をしなければならなくなるなど、日常生活に支障をきたす様々な合併症が出ることです。


糖尿病は、簡単に言えば、体のエネルギーとなるはずの血中ブドウ糖が、インスリンの分泌量が少なかったり、作用しなくなり全身のエネルギーが足りなくなる状態を言います。
すべてが生活習慣病が基で引き起こされる訳では無いですが、日本人の糖尿病患者の95%は食事や運動などの生活習慣が関係している『2型糖尿病』です。
糖尿病の恐いところは合併症が出ることです。
脳梗塞・脳卒中・心筋梗塞・動脈硬化や感染症・・・
この他、糖尿病特有の合併症があり3大合併症と呼ばれています。


糖尿病神経障害

合併症の中で最も早く出る症状です。中心となる末梢神経障害で、手足のしびれ、けがややけどの痛みに気づかないなど、筋肉の萎縮や筋力の低下、胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、インポテンツなど、さまざまな自律神経障害の症状も現れます。


糖尿病網膜症

目の底にある網膜の血管が悪くなり、視力が弱まります。中には失明する場合もあります。また、白内障になる人も多いといわれています。


糖尿病腎症

腎臓の、糸球体という部分の毛細血管が悪くなり、だんだん尿が作れなくなるので、週に2~3回、病院などで人工透析を受けなければならなくなります。その為、日常生活に大きな影響を及ぼします。現在、人工透析になる原因の1位がこの糖尿病腎症です。

下記は、厚生労働省も推奨する予防法です。


食事は決まった時間に、野菜はたっぷり、薄味にしてドレッシングなどの調味料はかけずに小皿にとってつけ、お茶碗は小ぶりのものを使い、一人分ずつ取り分け、ゆっくりよく噛んで食べて多い時は無理せず残しましょう。

食べ過ぎないことと、栄養のバランスをとることが大切
朝食を抜いたり、食事時間が不規則だったり、寝る前3時間の間に食べるのはよくありません。
濃い味のおかずや、大勢で大皿から食べたり、テレビを見ながら、新聞を読みながらといったながら食いも、たくさん食べてしまいがちです。
素材の味をいかした薄味料理と、一人分ずつ取り分けたお皿で一家団らん、会話を楽しみながら、時間をかけて食べましょう。

野菜に含まれる食物繊維は、肥満を防ぐ働きをします。健康づくりのために野菜を1日に350g
(だいたい中皿に多めに一杯くらい)以上とり、このうち緑黄色野菜を120g以上とることを目標としています。

甘いものや脂っぽいものは太りやすい食品です。食べ過ぎに気をつけましょう。
毎日食べるものがどのくらいのエネルギーなのかを知り、食品を選ぶときや食べるときの参考にしましょう。

また、適度の運動を心がけ筋肉をつけて基礎代謝する体作りも忘れずに
激しい運動は続かず、かえって運動嫌いになります。
ウインドショッピング(途中の喫茶店で甘い物やカロリーの高い食べ物を食べないでね)や週に1度だけ1駅分歩いてみたり、テレビを見ながらストレッチをする等で良いようですよ。
参考URL:http://www.kenkoushindan.com
(更新日:2008/12/08)