HOME>>トピックス

インフルエンザ受診に関する注意

 インフルエンザにかかったかなと思っても、必ず受診しなければならないわけではありません。症状が比較的軽く、自宅にある常備薬などで療養できる方は、診療所や病院に行く必要はありません。

 ただし、持病をお持ちの方など、重症化の可能性が比較的高いといわれる方々はなるべく早めに医師に相談してください。

 また、もともと健康な方でも、次のような症状を認めるときは、すぐに医療機関を受診してください。



小児

□ 呼吸が速い、息苦しそうにしている

□ 顔色が悪い(土気色、青白いなど)

□ 嘔吐や下痢がつづいている

□ 落着きがない、遊ばない、反応が鈍い

□ 症状が長引いていて悪化してきた



大人

□ 呼吸困難または息切れがある

□ 胸の痛みがつづいている

□ 嘔吐や下痢がつづいている

□ 3日以上、発熱が続いている

□ 症状が長引いていて悪化してきた

 受診される場合は、まず、医療機関に電話して指示を仰いでください。
連絡無しで来院し、菌をばら撒いて2次感染を起こすのを防ぐために、皆様にお願いしています。
(更新日:2010/01/29)