HOME>>トピックス

生活習慣病を知ろう!(脳卒中編)

脳卒中は、脳の血管がつまったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなって、細胞が死んでしまう病気です。
脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血・一過性脳虚血発作を脳卒中と言います。

脳卒中死亡者で最も多いのが脳梗塞(60%以上)
脳を養う血管が詰まるタイプで、次の3種類がある。
(1) 脳の太い血管の内側にドロドロのコレステロールの固まりができ、そこに血小板が集まって動脈をふさぐ「アテローム血栓性梗塞」
(2) 脳の細い血管に動脈硬化が起こり、詰まってしまう「ラクナ梗塞」
(3) 心臓にできた血栓が流れてきて血管をふさぐ「心原性脳塞栓症」などがある。

脳出血(脳卒中死亡者の約25%)
脳の中の細い血管が破れて出血し、神経細胞が死んでしまうタイプ。
高血圧や、年をとって脳の血管が弱くなり、血管が破れることが原因となる場合が多い。
日中、活動しているときに、頭痛やめまい、半身マヒ、意識障害などが起こる。

くも膜下出血(脳卒中死亡者の10%強)
脳をおおっている3層の膜(内側から、軟膜、くも膜、硬膜)のうち、くも膜と軟膜のあいだにある動脈瘤が破れ、膜と膜の間にあふれた血液が脳全体を圧迫する。動静脈奇形が出血の原因の場合もある。突然激しい頭痛、嘔吐、けいれんなどが起こりやすく、意識がなくなり急死することもある。

一過性脳虚血発作
脳の血管が詰まるタイプのうち、24時間以内に回復するもの。脳梗塞の前触れ発作ともいわれる。一時的に片方の目が見えなくなったり、ろれつがまわらない、半身がいうことをきかなくなるなどの症状が起こる。再び血液が流れると症状もなくなる。

よく頭が痛くなると「脳卒中の前触れじゃないかしら?」と懸念したりしますが、意識がある時は、一時的な半身のマヒや手足のしびれ、ものが二重に見える、ちょっとの間言葉が出てこなくなったりろれつが回らなくなったりといった症状が出るそうです。
もし、あなたがその症状に気がついたら早めに検査し治療を受けてください。

脳卒中で倒れたらすぐに救急車を呼びましょう!!


発作が起きてからできるだけ早く(6時間以内に)、手当をすることがその後の経過に大きく影響します。
脳卒中は、一度大きな発作が起きると、その後にマヒや言葉の障害などが後遺症として出てしまいます。脳が傷つけられる病気なので、傷ついた部分が司っていたからだの働きができなくなりますので、リハビリが必要になります。

長い入院と治療の期間は、本人だけでなく周りの家族も大変な苦労があると思います。
苦しみを抱えないでソ-シャルワーカー等に相談して気長に取り組んでいきましょう。
退院してからも思うようにスムーズに体が動かないかもしれません。
マヒなどがあっても使いやすい道具や食器を揃えるなどの工夫も必要でしょう。
参考URL:http://www.kenkoushindan.com
(更新日:2008/12/08)